産後すぐ辛かったこと。会陰切開と抜糸、産後の胸の張りと痛み

プレママさん、妊婦さんお疲れ様です。

二人の小学生を育てているkanaoです。

産後がこんなに辛いって知らなかった、聞いてないよってこと、ありますよね。

私もいっぱいありました。

出産前に、これを知っておきたかったと思うことを

ご紹介します。

スポンサーリンク

産後辛かったこと【産院偏】

立てない

一人目の時は、足がガクガクで立てず、車イスで部屋へ移動。

車イスに座るときも、立てなくて、看護師さんの肩に全体重をかけてしまった位。

産まれたての小鹿のようになりました。

産後の会陰縫合と抜糸

妊娠中一番おびえていた会陰切開

麻酔なしで切るなんて、怖すぎる。

その光景を想像しては、身震いしていた妊娠直前期。

でも、いざ分娩台に上がると、

時間の経過と体力の消耗とともに、

そんな恐怖は頭から吹っ飛びました。

医師の「切りますね」という声が遠くに聞こえて、

切られてる感覚はありましたが、

陣痛の痛みに比べたら、全然痛くない!!

でも、辛かったのは、会陰縫合と数日後の抜糸

陣痛で、他の痛みを感じない時とは違い、

冷静になっている分、痛みに敏感でした。

私は大きな怪我をした経験もなく、痛みにも弱い方なので、

痛みの感じ方は人にもよると思いますが、

覚悟しておいた方がいいかもしれないですね。

  • 一人目:会陰切開。縫合と抜糸あり。
  • 二人目:会陰裂けた。縫合後の抜糸はなし(溶ける糸)。

歩くときも座るときも痛い

会陰切開と縫合で、歩くのも一苦労。

病室のトイレまでの道のりが長く感じるし、

トイレに座るのも、そーっと座り、

そーっと立って、ゆっくりベッドへ戻る。

丸いクッションは必須です。

胸が張って痛い

胸がカチコチになって、のように。。

最初は、まだ赤ちゃんもうまく吸えないし、母乳の出る穴も少ないので。

「とにかく赤ちゃんに吸ってもらうのが一番」と、看護師さん。

赤ちゃんが吸ってくれると、張りが引いて、楽になります。

入院中は、よく看護師さんにマッサージもしてもらいました。

退院後は、自分でもマッサージを続けるといいですよ。

でも、やりすぎはダメと言われたので、そこは要注意です。

胸が熱い

胸が熱をもってしまい、コチコチの上に熱くて、

自分の胸なのに、自分の胸でないような気持ちに。

そのままでは辛いので、タオルで巻いた保冷剤をあてて冷やしました。

胸がかゆい

母乳の出がよくなってくると、母乳パッドに母乳が自然と出てきて、

気づくと重くなってました。

放っておくと、かゆくなるので、

清潔を保つために、こまめに交換した方がいいです。

スポンサーリンク

まとめ

私自身が産む前に知っておきたかったことを書いてみましたが、

いかがでしたでしょうか。

少しでも、心構えがあるのとないのとでは違いますよね。

以上、「産後辛かったこと。会陰切開と抜糸、産後の胸の張りと痛み」でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました