陣痛から出産までの時間と痛みはどの位?初産と経産婦の違いは?

プレママさん、妊婦さんお疲れ様です。

二人の小学生を育てているkanaoです。

陣痛から出産までにかかった時間、分娩台に上がってからの時間、

痛みはどの位なのか、色々気になりますよね。

そんな不安を少しでも解消できればと思いますので、

陣痛から出産の流れとともにご紹介します。

スポンサーリンク

陣痛から出産までにかかった時間は?

一人目

朝5時半時頃、お腹の痛みで目が覚め、

陣痛かもと思い、痛みの間隔を計測。

陣痛の間隔が規則的なので、陣痛が来たと夫に告げる。

夫は出社。

今日産むことになるだろうと、今夜作る予定だった夜ご飯を朝から作り始める。

ちょうど健診日だったので予約時間の10時に病院へ。

子宮口の開き具合を確認してもらい、入院セットを取りにタクシーで自宅へ戻る。

母に来てもらい、家で軽くお昼ご飯を食べる。

13時頃母と病院へ着き、陣痛室へ。

陣痛室で、数時間痛みに耐える。

夫が17時半頃に到着。

その後分娩台へ移動し、夫立ち合いのもと、19時頃に出産。

お産自体は、スムーズに行きましたが、陣痛から出産までトータル14時間でした。

二人目

14時頃、陣痛が始める。

計測していると、陣痛間隔が短くなるのが、思ったより早い。

病院へ電話し、荷物を持って、夫の運転で16時半頃病院へ。

陣痛室で、痛みは感じつつも、上の子とおしゃべりする余裕あり。

でも、どのくらい時間がかかるかわからないので、

「夕ご飯食べててね。」と話して、夫と上の子は一時帰宅。

その間に無事19時頃出産。

夫と子どもは20時近くに赤ちゃんと対面。

陣痛から出産までトータル5時間でした。

スポンサーリンク

陣痛から出産までの痛みは?

一人目

一番陣痛の痛みが辛かったのは、陣痛室で過ごす時間。

痛すぎて声も出ず、ひたすら痛みに耐えていました。

分娩台に移動すると、

陣痛の痛みは相変わらずあるけれど、

赤ちゃんも頑張ってるんだと思って、

陣痛室にいる時よりは、気持ちが楽になりました。

でも、だんだん赤ちゃんが下がってくると、

今度は、骨盤の痛みが、だんだん激痛になってきます。

最後は、骨盤が割れるような痛みに耐えながら、

息も絶え絶えで出産。

二人目

三年ぶりの出産で、

陣痛が来た時も、

「あーこんな感じだった」と思い出して、

焦らず計測開始。

病院に着いても、痛みを顔に出さず、上の子と笑いあえる余裕あり。

子どもや夫が帰宅してからは、

さすがに痛みを少し感じたけれど、まだまだ大丈夫。

一人目を経験しているので、気持ちの持ちようが全然違いました。

骨盤が割れるような痛みはなかったけれど、

最後の最後で時間がかかり、

会陰が避けたことが一番痛かったです・・・。

スポンサーリンク

分娩台に上がってからの時間は?

一人目

一人目は、17時半~19時までの約1時間半

二人目

二人目は、18時~19時までの約1時間でした。

初産は、陣痛から分娩台に上がるまでが長いけれど、

分娩台に上がってからの時間は、経産婦とそんなに変わらないんですね。

スポンサーリンク

産んだ直後の感情

一人目

分娩台で疲れきっていたので、

産まれたときは、やっと痛みから解放されてスッキリ

赤ちゃんを見ても、かわいいと思ったり、感動する余裕がなく、

頭がボーっとしていて、これが赤ちゃんかぁという感じ。

医師から、「頑張ったね。おめでとう」と言われても、

作り笑いして、うなずくのが精一杯でした。

夫は泣いてましたけど、私は喉カラカラで、

疲労感でいっぱいでした。

二人目

二人目は、初産より短時間で産まれたので、疲労も少なめで、

元気が残っていました

心に余裕があったからか、赤ちゃんと対面した時、すぐに、

かわいいという感情がわきました。

スポンサーリンク

まとめ

陣痛から出産までにかかった時間、分娩台に上がってからの時間、

痛みはどの位なのかを見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

初産は、陣痛から出産まで10~12時間位、

経産婦は、4~6時間かかると言われているので、

その位はかかるもんだと頭に入れておくといいかもしれないですね。

以上「陣痛から出産までの時間と痛みはどの位?初産と経産婦の違いは?」でした!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました